楽な生き方 模索してます。

HSPの40代『不器用ながらも生きてます』

価値観の違いに笑いが出た話「在宅勤務のジレンマ」緊急事態宣言の延長を受けて

 

f:id:ponnu3:20200504024657j:plain

 

POINT

夫よ、相変わらず私と違うのな・・・(笑) 

 

4月上旬から思わぬところで私自身の「在宅勤務」が叶い、必要に応じて週1回の短時間の出社はあるものの、基本は週4日10時~15時の時短で在宅勤務を続けています。

 

▽在宅勤務になった経緯 

 

私の勤める職場では在宅勤務という体制は初めてのことで、色々と試行錯誤、手探りしながら日々方針を決めているようです。(ヒヨッコなので蚊帳の外)

 

なので、いつの間にか「出勤者が2人体制→1人体制」に変わっていたり、勤務時間の調整もされていたり、私以外の方々と上司の間で色々と進められている模様。(ヒヨッコなので蚊帳の外2)

 

そんな感じなので「人間関係」や「在宅勤務中の作業効率や問題」などが出てくると、気にしないでおこうと思っていたことすら「なんだかなぁ~」と少しずつ澱(おり)のように心の底に溜まっていくものがありまして。

 

共感性の無いことで有名な (笑) 我が夫に、今の自分の気持ちと共に打ち明けてみることにしました。

 

 

 

今日の発表で何が変わるのか

 

当初は5月6日までとなっていた緊急事態宣言、埼玉県は「特定警戒都道府県」のため今月末までの延長がほぼ決まりましたね。

 

【5月3日発表】5月7日以降の緊急事態措置等の方向性について - 埼玉県

 

埼玉県はそれよりも早く、既に公共の施設の休館や学校の休校などの延長が決まっています。

 

私の職場の同僚は、ほぼお子さんを持つ方々。

 

4月下旬の時点で保育園や学童から受け入れ条件がますます厳しくなるとの展開があり、連休明けから出勤が難しくなる同僚が続出するそうです。(私を除く同僚同士のチャットのやり取りのみで知る)

 

その為、連休明けに「在宅勤務の人も含めた全員参加のオンライン会議」が初めてあります。

 

今後の働き方・会社側の意見など方向性や展開を含めて意見が取り交わされるのでしょう。(たぶん私は聞く専門ですな)

 

どんな展開になるのか、全く読めないでいます(苦笑)

 

 

ヒヨッコなりの在宅勤務のジレンマ

 

在宅勤務者は、始業時に作業予定、終業時に成果報告をするといった方法を取り、作業中はチャットやLINEでやり取りをしつつ進めていました。

 

なので一日、誰とも会わずに誰とも会話せずに作業が進みますが、ヒヨッコの私では予想通り、初めての作業ばかりなので常に疑問や確認したいことは噴出。

 

しかしながら、勤務中は出勤者が多忙なため、それらを聞くことが叶わない状況。

かと言って出勤して他の人と同様に仕事を全て1人でさばける知識と技術が無い状態。

 

どう考えても在宅・出勤どちらにしても作業効率や正確性、作業スピードなど周りに比べて力及ばず戦力外、足手まといの「ミソ」感が半端ない。

 

ヒヨッコだから当然なのですが、もともと高いとは言えない自己肯定感が、ここに来てどんどんすり減る日々。

 

さらに、私の知らない展開を多く目や耳にしたり、出社時の雰囲気を察しちゃうと、さすがに心が・・・折・れ・そ・う・・・

 

 

不毛なことだと分かっていても

 

正直なところ、今の時点で三密の職場へ出勤が可能かというと厳しいし、しかもこのままだと在宅勤務も続けるのダメかもしれないわなぁ~~と、そんな気持ちを抱えたまま5月2日から連休に入った私。

 

不毛なことだと分かっていても、夫に尋ねてみたのですよ。

「こんな経緯から私はこう思っているのだが、夫が今の私だとしたらどう感じたり捉えたりする?」と。

 

 

ここで、おさらいを少々。

 

そもそも共感性がゼロの夫から、「わ~か~る~~、大変だよねぇ」なんて言葉は太陽が西から昇るくらい、なんなら火星に大気が復活するくらい無理ゲーな話。

 

普段から大抵の質問に対して「考えたことも無いからわからない」とムスカのようになぎはらう夫であります。

 

そんな夫に対して質問するのは、「愚行」のひとこと。

 

過去の「そもそもあれだな聞く相手を間違えたな」感が否めない光景が脳裏に浮かぶ。なんなら瞬時に2、3個 脳内で再生ができるほどアクセスも良好(それだけ濃い記憶ってことね)

 

・・・ですが、

 

ほらSTAY HOME中で時間ありますでしょう? なんて言うのかなぁ~怖い物みたさで、私も懲りずに尋ねてみた訳ですよ。(懐かない珍獣に傷だらけでもなお挑むような感じをご想像下さい)

 

 

私「(経緯を説明)と、こんな感じ。夫だったらどう思うよ?」

 

夫「言っている意味がわからない」

 

私「君には全く無いことだけど、仮に私の立場となったら、どう思う?ってこと」

 

夫「ラッキーって思う」(秒速回答)

 

私「・・・へ?」

 

夫「だってラッキーじゃん、楽でいいし」

 

私「へ? 責任感じたり、力不足とかでみんなに悪いなぁ~とかは?」

 

夫「ないね」(秒速回答)

 

十数秒、沈黙

 

私「爆笑」

 

 

以上、珍しくなぎはらわれませんでしたが、問題解決には1mmも近づかない回答をご覧いただきました。

 

相変わらず思考回路が斜め上と、爆笑できたのでヨシとしましょう(着地点がいろいろとオカシイ)

 

 

まだ起きてないことを悩むクセ

 

私は、起きていない出来事に対してまで悩む気質ですが、夫はその真逆。

凸凹コンピとは私たち夫婦のことを言うのでしょうね。全く噛み合わない (笑)

 

たまに・・・いや頻繁ですかね、怒りや悲しさが沸きますが、ごくごく稀に心が軽くなることもあります。

 

まぁ、それも年に数回あるかないかですがね (笑)

今回は珍しく心が軽くなったので、残りの連休をちょっとは気を楽に過ごせそうです。

 

悩んだことについての結果は連休明けの状況によるのでしょうが、どんな形であれ心の赴くままに決断しようと思います。

 

 

▽我が家の夫婦の在宅勤務の日々についてはこちら

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

もしよろしければ、下のボタンを押していただけると今後の励みになります。

 ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ HSPへ